ベテランになりつつある皮膚科医がみた世界。世の皮膚病の患者さんの役に立てれば幸です。08年5月より多忙のためしばらく相談に対する回答をお休みします。


by SkinDr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NNさんへ、黄色肉芽腫、またはスピッツ母斑

NNさんへ

既に大学病院を受診されていると言うことで、あまり間違いはないかと思いますが、一応感想をお書きしますね。

肉眼的には黄褐色、オレンジ色というより紅に近い感じでしょうか。
そうだとしたら、私の中ではいくつか鑑別する病気が上がります。

最初は、スピッツ母斑と言われるホクロの一種です。
これは誰にでもあるいわゆるホクロとおなじものなのですが、主に子供に生じて、顔面に多く、ほとんどが紅色をしています。これは自然には消えません。再発が多いので手術も少し注意が要ります。

つぎに血管腫のたぐいです。これにはいろいろな種類がありますが、いずれも心配なものではありません。ただし、きわめてきわめて稀に血管芽細胞腫という少し注意と治療が必要なものもあります。いずれの血管腫も自然には消えません。

大学病院では恐らく特殊な拡大鏡検査をしたと思うのですが、より正確な診断は皮膚を一部切り取って顕微鏡で見る「生検」という検査です。

診てくれた先生がすぐに生検してくれるかはわかりません。安全に出来ないとしないポリシーの先生もいますし、小児科に鎮静の依頼をする先生もいるでしょう。全体に、何かあったときのことが厳しいので、小児科も外来などで簡単には眠らせてくれないことが多くなっています。(相次ぐ医療訴訟のため医療全体が防衛医療化してますから、ね。)検査の結果、もしも手術なら入院して全身麻酔になるでしょう。

ちなみに私は3歳くらいまでで顔なら、先に表面麻酔をして手術時には手足ぐるぐる巻にしてエイッとやってしまいます。もちろん、お母さんの同意が得られればですが。(もちろん、子供は大泣きします。)

長くなりましたが、本当に若年性黄色肉芽腫であれば言われたとおりじーっと様子見が一番いいですよ。ほとんどの場合はうすい色素沈着程度になります。
もう一度診てくれた先生と相談して、生検の適応についておたずねしてはいかがでしょうか。
[PR]
by skindr | 2007-11-23 11:32 | 相談のお返事