ベテランになりつつある皮膚科医がみた世界。世の皮膚病の患者さんの役に立てれば幸です。08年5月より多忙のためしばらく相談に対する回答をお休みします。


by SkinDr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:アトピー性皮膚炎( 1 )

takuさんへ
多忙で返事が遅くなりました。

さて、お話からすると、子供の頃から湿疹があった(だろう)、毎年夏に腕(肘のくぼみですか?)に湿疹が出ていた、などからは軽症のアトピー性皮膚炎があったと考えていいと思います。何らかの原因で成人期に悪化してきても不思議ではありません。ただし、書かれた部位からすると成人期に出てくる他の病気(乾癬など)と見分ける必要はあります。血液の検査は参考になりますが、とびとびに出てじくじくした病変をつくる場合はあまり変化が出ない場合もあります。

さて、多くの皮膚炎に対して最も有効な薬はステロイドの塗り薬なのですが、これの副作用としてニキビが出ることはその通りです。多少塗っても出ない人も、すぐに出る人もいるのが事実です。実際にアトピーの方にこのニキビが出てくると治療が大変困難になります。

処方から見るとかなり先生も苦心しているようですが、なかなか思ったようにどちらもコントロールできない、というところなのでしょう。ニキビは主にステロイドの塗り薬の副作用なので、このような場合は思い切って炎症の治療を違う方法に代えてみるという手を使うことがあります。紫外線の治療をしたり、内服のステロイドを使う(もちろん内服にはその副作用があるわけですが、短期間ならあまり問題にならないことが多いです)などして、皮膚に負担をかけずに炎症の治療をする場合です。紫外線治療器があれば、相談して試してもらうのもいいかもしれません。
参考になれば幸です。
[PR]
by skindr | 2007-11-03 01:22 | アトピー性皮膚炎