ベテランになりつつある皮膚科医がみた世界。世の皮膚病の患者さんの役に立てれば幸です。08年5月より多忙のためしばらく相談に対する回答をお休みします。


by SkinDr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

つながるとうつる

<コンピューターウイルス>作成者、国内で初逮捕 京都府警
Excite エキサイト : 社会ニュース

私はマイナーなコンピュータを使っているのであまり被害に遭いませんが、先日友人から受け取ったUSBメモリを実験用のパソコンに挿すと、ウイルスチェッカーにはじかれました。今はwebよりもUSBメモリで感染することが多いとのこと。PCウイルスの生き様を考えるとまさに「性病」に酷似しています。

性病も予防する方法がしっかり確立しているわけですが、決して無くなることはありません。強力な伝染性と病原性をもっていた天然痘は根絶され、ポリオや海外では麻疹(はしか)も根絶されようとしているのに、です。

ちなみに、日本は先進国の中で唯一の「麻疹輸出国」として悪名高い国なのです。きちんとしたワクチン行政が行われていれば、今頃麻疹に医療費を使う必要はなかったはずなのですが、ごく稀に生じる副作用についてマスコミが書き立てたために、世論的にワクチン拒否が流行り、現在の惨状に至るわけです。しかも麻疹の後にはSSPEという治療法のない恐ろしい神経病が起きる可能性があります。科学的な知性って本当に大事です。PCもみんなが予防接種していれば広まらないはずでしょう。

性病はきっと根絶されないでしょう。コンピュータ同士、人間同士、つながらなければ感染しないけど、つながらないと孤独死してしまうという生命の原点に感染の機会を持ってきている病原体はなかなかに退治が難しいと思われます。今回の作者もきっと孤独で寂しかったのでしょう。

生物全体から見れば、個体発生後に遺伝子(プログラム)のやりとりを媒介するウイルスの存在は貴重なのかもしれませんが。

More
[PR]
by skindr | 2008-01-29 18:38 | 感染症
<医学論文>急減 処分恐れ医師ら萎縮? [ 01月27日 02時31分 ]
target="_blank">Excite エキサイト : 社会ニュース

論文は医者が医学部を卒業してから学ぶもっとも大事な情報源です。
どの治療にどのような合併症が起きるのか、その頻度は、合併症の治療方法は、などなどを記載した論文を読むことで、医師は多くの知識を吸収していきます。

訴訟や医療事故調のためなのか、論文が出なくなっているようです。これが、もっともおそれていた情報の埋没です。論文がなくなれば、合併症や副作用が知れわたることもなく、延々と同じ悲劇が誰に知られることもなく続くのでしょう。

医療技術はいくら磨いても完全にはなりません。医師としてもっとも大事な「知性」まで訴訟に浸食されるようでは、この国の医療はあと5年持たないでしょう。まあ、この国自体も滅び行くのかもしれませんが。
みなさん、脱出の準備を!!

More
[PR]
by skindr | 2008-01-28 13:22 | 医療政策
賠償金上限制によって、テキサス州は医師が急増
http://www.medicalnews.jp/index.php?itemid=223&catid=18

不当な高額賠償訴訟が無くなるだけで、医師が40%も増えた実例です。
最初に打つ手は診療報酬ではありません。

事故調は刑事罰にまで関与する憲法違反の行為です。
成立すればリスクを伴う疾患を診る医者はゼロになります。

そして、これを進める厚労省の佐原康之氏は
「国 民 が 望 ん で い る か ら !」と答えています。
http://ameblo.jp/kempou38/entry-10067920584.html

それは嘘でしょう。選挙で選ばれてもいないてめーに国民の代弁してもらいたくない!
[PR]
by skindr | 2008-01-25 13:44 | 医療政策
恐らくは湿疹だと思われますが、角化症などと見分ける必要があるかもしれません。
現在の状態で皮膚科は受診していますか?
お話から想像するに、現在は炎症をコントロールする必要がありそうな印象です。
ステロイドを使いたくない気持ちはわかりますが、一度今の症状を皮膚科医に診てもらって、きちんとした治療を受けた方がいいと思います。
手湿疹の専門家というのはなかなかいませんが、皮膚科の専門医は日本皮膚科学会のホームページで名前を検索できるようになっていますので、お住まいの近くに皮膚科があれば、それが専門医か調べることはできますよ。
ご自宅近くの地域で探してみてはいかがでしょう。
[PR]
by skindr | 2008-01-24 23:11 | 相談のお返事

今、そこにある危機

長い話ですが、とても大事な問題です。できれば最後までお読みください。

医療事故調査委員会(医療事故調)という言葉をご存じですか。
これは、医療行為によって死亡した患者の原因を究明する目的で作られようとしている調査委員会です。

医療行為によって患者が死亡した場合、この委員会が解剖を行い、どのような問題点があったかを検討して、次からの改善に備える、というものです。
ちょうど航空事故調などと同じです。原因が分からなければまた同じ事故が起きるかもしれないからです。

しかし、この医療事故調があらぬ方向に向かっているのです。医療事故調のメンバーに医療の専門家ではない法律関係者と遺族が出席するということ、さらに医療事故調で得られた所見は、その後に医師を訴追する刑事、民事裁判の資料とする、さらに、この委員会に届けなければ罰則を設けるというのです。

1年の死亡数100万、そのほとんどが病院で亡くなります。どのような医療を施しても人間は死にます。そしてそのほとんどの死に医療が関わっています。つまりすべての死は医療行為に関連した死亡なのです。

届け出の義務、しかしどのような事例が届け出られるべきかは詳細が決まっていません。私たちの想定の範囲内と考えていても、遺族が不服とすれば、「届け出義務違反」となってしまいます。かといって一年に100万例も届けられたら、とてもではないですが、委員会は滞ってしまうでしょう。

次に刑事民事裁判に利用するというものです。資料は医療の向上のために公開されるのであり、個人の糾弾のためであれば、誰も情報は開示しないはずです。できるだけ隠蔽するようになるでしょう。それにより引き続き同じ事故が起き続けます。患者には何も還元されません。また、刑事事件では自分に不利な証拠は証言しないでよいという憲法で保障された大原則(黙秘権)があります。航空事故調では、航空会社は責任を問われない代わりに、すべての情報を開示することが世界標準となっています。また、その資料は裁判には使えません。

最後に、医療の精度を追求する委員会に医療の素人である法律家や遺族が入っても、原因の究明には何もならないでしょう。航空機の事故を調査するときに、遺族や法律家を入れることが事故原因の究明になるとはとても思えません。結局医学を理解せず、個人の責任を追及するための軍法会議になります。

違うのは私たちは軍人と違って医療を辞めることができる、ということです。
医療の現場と不完全性が理解されず、予測不能な事態、不明な因果関係、また小さな過失が予想外の結果につながる、などの特殊性を理解されなければ、この国から医療は無くなります。最善の努力をしても、回避可能かどうかも分からない事態で訴追されるようでは、医療を行えないからです。

現在でもすでに私の周囲の多くの医師が臨床の現場から立ち去っていきました。この3月にはおそらく読者の皆様の近くの相当数の病院が消滅します。これらの事態はすべて、各領域の「専門家」たちが現実を理解していないために起きているのです。

事故調を作ろうとしている厚労省は、医療の現場を知りません。
医学的に不可能、あるいは無意味な結論を出す司法は、医学も医療も知りません。
刑事事件として医師を逮捕する警察や検察に、医学の何が分かるのでしょう。

この事故調法案に対しては、パブリックコメントとして数多くの非難の声明が出ています。しかし、事故調の基本は「解体する社保庁職員の受け皿」が基本となっていると噂され、そのためにも成立を急いでいると言われます。

つまり責任者不在です。誰も現場を知らず、誰も国民のことは考えていないわけです。

この法案が成立したら日本から医療は無くなります。誰が予想できないリスクを個人で負うような仕事を続けるでしょうか。私も真剣に次の職を探すか、アメリカでの医師免許取得を目指します。

ちょうど同じような事態が建築基準法について起きています。

「性悪説」に基づいて厳格化された建築基準法が、著しい問題を含んでいたことは、世の現場担当者が数多く掲示板やブログに書き込んでいたそうです。またパブリックコメントでは多くの注意が喚起されていたそうです。

しかし、法律関係者もエコノミストも現場をまるで理解していなかった。理想的な法律かもしれませんが、現場はそれをこなせませんでした。結果として、着工件数が45%も落ち込むほど滞りをみせ、未だにそれは回復していないのです。住むマンションがたたない、自社工場が建てられない、売る予定だったオフィスが建てられない、、、、。GDPを1%も押し下げるほどの事態となり、景気の腰を折ってしまった人災なのです。責任者不在、現場を知らない、国民のことは誰も考えていない、、、、同じ構造です。

医療も同じことになるでしょう。この事故調法案が通過すれば医療は壊滅します。しかしそれをやろうとしている人たちは何一つ分かっていないのです。理想法律ほど危険な物はありません。著しく医療が制限されれば、建築と同じく国民の多くが被害を受け、貴重な人的資源が病気やけがで失われるでしょう。現在起きている医療崩壊は「人災」なのです。これ以上のことが起きずに、プロフェッショナルがきちんとその技術や知識を社会に還元できる枠組みを現実から探すことが緊急に求められています。
[PR]
by skindr | 2008-01-22 19:21 | 医療政策

みちこさんへ

的確なアドバイスができるかは分かりませんが、考えることを書いてみます。

子供の頃からアトピーがあったということはないのですね。
現在の紅皮症は治療も終わり頃になってから出ているようで、薬が関係したものである可能性は低いような印象です。(絶対に違うとは言えませんが)

そうすると1)皮膚自身の病気がでてきた、または2)内科的な病気に伴って皮膚症状が出ている、という両者を考えなければなりません。

1)の全身の皮膚に異常を来す新たな疾患が起きたいうことから考えていくと、湿疹に続く紅皮症がもっとも多いのですが、これは組織検査というのである程度分かると思います。それ以外に血液の病気(リンパ腫)などでも中年以降の成人に紅皮症が起きます。

薬の内容やステロイドでの改善から考えると、湿疹に続くもののような印象です。

2)の場合を考えると、「皮膚筋炎」という病気があります。癌に伴って皮膚に多彩な炎症の様子が見られ、また筋肉の炎症も起きます。主に血液の検査(筋肉の酵素や自己抗体というわれるもの)で診断しますが、皮膚の検査がある程度有効なこともあります。成人のよくわからない紅皮症の場合にはいつも考えておく必要があります。癌の治療もしている施設とのことですから、おそらく鑑別はしていると思いますが。

あまり役に立たないかもしれませんが、主治医の先生に病態をどのように考えているか尋ねてもいいかもしれません。成人の紅皮症はあまり解決がない場合も多く忍耐が必要なことも頭に置いておいてください。

**************************

初めまして、宜しくお願いします。51歳の女性です。2005年の8月に胃癌の手術を受け、術後すぐから抗癌剤を始め、体調を見ながら去年の春まで続けました。薬の副作用で足が粉を吹いたり、顔が黒ずんだりしましたが、肌全体は比較的きれいでした。薬をやめる少し前位から顔がひどく乾燥し始め、赤みもひどくなりそれが段々引かなくなり、浮腫み、尿の減少、Igeの上昇、体重の増加、顔も体も赤くなり、8月に紅皮症と診断されて入院になりました。ステロイド漬けになりきれいになりましたが、ステロイドを減らしていく段階から、一進一退の状態でした。この所の寒さで急に又乾燥しだし、赤みもひどくなり外出もままなりません。入院した時ほどでは有りませんが尿も減り気味です。痒みもあります。薬は白虎加人参湯、黄連解毒湯、アレロック、ポララミンを服用しています。塗り薬はキンダベート、デルモベート、ヒルドイドなどです。途方にくれております。どうか的確なアドバイスお願いいたします。
[PR]
by skindr | 2008-01-20 11:53 | 相談のお返事
Excite エキサイト : 社会ニュース

この世でもっとも大事な価値は人間でしょう
子供が生まれなくなる社会というのは、世の中の新しい価値が創造できないもっとも貧しい社会です。たくさんの子供たちの中から次代を担う人材も生まれてきます。

そのための最低限の整備として、子供を産むためのハードとソフトが必要です。
300万円を別途支給することがとても十分とはいえないですが、ないよりはましでしょう。3000万円くらいなら少しは違うでしょうか。それでも大銀行や特殊法人を救済するよりもはるかに安いもんでしょうが。
[PR]
by skindr | 2008-01-20 10:59 | 医療政策

りゅんさんへ

りゅんさんへ

お話からすると最近起きた病変のようですね。そうだとすればやはり主婦湿疹という病気を想像します。皮膚科の先生が掌蹠角化症と診断したということはかなり強い角化があったからだと思われ、処方もそれに対するもののようになっています。

もう一度かかるべきか、という質問ですが、一般論でお答えします。
答えは必ずそうするべきだと私は思います。

一度見ただけで、全てを理解して治せるような処方を出せる病気は滅多にありません。病気は時間とともに、そして治療によって変化していきます。最初には解らなかった病変が日を追ってはっきりしてくることもありますし、治療をしてみた反応でわかることも数多くあります。

処方した先生は最初から効かないと思って出しているわけでは無いでしょうから、効果がないことを知れば何が自分の予想と違ったか考えることが出来ます(もちろん、どんな治療をしても治りにくい病気というのは少なからずあるのですが)。少なくとも医師に長くかかる病気なのか、一次的な病気なのかを聞いてみて、一定期間は医師と一緒にその病変を見ていかなければ、どのような医者にかかっても恐らく答えはでてこないでしょう。

私自身はは軽症の方でもとりあえず必ず一度は診せてもらうようにしています。そうすることで、自分の治療の何がよくて何が悪かったかが解るからです。

すぐに治らなければ医者を代える、というのはいろいろな意味で損をすることが多いようです。先生の治療計画を聞いてみて、その期間は続けてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by skindr | 2008-01-18 21:44 | 相談のお返事

diskさんへ

何度かここで書いていますが、webで診察の代わりは出来ません。
ここは、皮膚科を受診している患者さんで、もう一つの意見を聞きたい方へお答えしています。
心配でしたら近くの皮膚科を受診してください。
[PR]
by skindr | 2008-01-18 21:33 | 相談のお返事

YUKOさんへ

YUKOさんへ

みていないので何とも言えませんが、症状からは私にはやはりステロイドによるニキビが考えられる気がします。しかし、1日13mgのステロイドは大量ではないですし、普通ならもっと早くに出てくる気もします。

もしも皮膚科医が明らかに違うというのであれば、ニキビ以外の病気を考えて病理検査などをすることで診断を明らかにすることが出来るのではないかと思います。

全体にSLEの活動性が落ち着いているのであれば、皮膚の病変だけがSLEによるものだとは考えにくいですから、ステロイドは減らしていけるのではないかと考えます。

ステロイドを大量に使うと確かに皮膚が薄くなり、血管が透けて見えたり、ニキビが出来たり、毛深くなったりと嫌なことがいろいろおきますが、SLEという難しい病気と折り合って行くには必要な薬です。今後、YUKOさんのSLEが落ち着いて無事にステロイドが減量できることを祈っています。
[PR]
by skindr | 2008-01-18 21:31 | 相談のお返事