ベテランになりつつある皮膚科医がみた世界。世の皮膚病の患者さんの役に立てれば幸です。08年5月より多忙のためしばらく相談に対する回答をお休みします。


by SkinDr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

富山県警の常識を疑う

Excite エキサイト : 社会ニュース

ありえないですね。どういう知性で仕事をしているんでしょう。
殺人容疑、、、、
富山県では医者なんかやってられません。

慢性の呼吸器疾患は、陸の上で窒息死する最悪の疾患の一つです。
患者は、いつの発作で自分が死ぬのかわからず常に死の恐怖におびえます。
悪性疾患以外で欧米で安楽死が認められている数少ない疾患です。
今回の対象は恐らくもう末期の寝たきりであるので、ますます本来の人工呼吸器の適応ではないといっても過言ではないでしょう。

本当に医者なんか辞めたくなる。

これで福島県に続いて富山県も医療崩壊ですね。

More
[PR]
# by skindr | 2008-07-23 22:56 | 医療政策
Excite エキサイト : ITニュース

何だか知らない間に毎日新聞大変なことになっていたんですね。
いろいろ謝罪やら反省やらしているようですが、ひとつ言えることは、
同じ組織は同じことを繰り返すのです。

雪印をはじめ、数多くの会社がモラルハザードで市場から消滅してきました。
この消滅は正しいことだと思うのです。経営陣が消滅すれば、生産設備は別の会社としてやっていけるでしょう。

薬害エイズで消滅すべきであったミドリ十字、生き延びて何の意味があったのでしょう。

残念ながら毎日新聞は私も何度も書いてきたように、捏造と誤報の恣意的報道で、多くの医療者を、そして結果的には患者である地域住民を苦しめてきました。しかも謝罪はおろか明らかな誤報の訂正一つありません。今回のことも同じ責任感で行われているのです。つまり、経営陣が消滅しなければ、謝ったって同じなのです。市場は撤退を期待しています。その時初めて、他のメディアも襟を正すことができるでしょう。モラルハザードを起こしたら、待っているのは業界からの退場であると。

でも、無くならないだろうな、毎日新聞。
[PR]
# by skindr | 2008-07-22 22:37 | その他
NAOTOクリームという「アトピー肌にいいという化粧品」
何のことはない日本で最強のステロイドが入っていたようです。
みなさんご注意を。

http://mediajam.info/topic/557228

東京都は16日、化粧品「NOATOクリーム」から、薬事法で化粧品への配合が認められていないステロイドが検出されたと発表した。都は同法に違反するとして、販売業者の「ラバンナ」(東京)に製造、販売の中止と回収を指示した。

 都によると、商品は米国から輸入され、今年3月から都内など26カ所の販売代理店で計5691個が売られていた。

 都健康安全研究センターが検査した結果、ステロイドホルモン製剤として最も作用が強いとされるプロピオン酸クロベタゾールが0・049%検出された。

 都は、副作用として皮膚の萎縮など健康被害の恐れがあるとして、使用を中止するよう呼び掛けている。
[PR]
# by skindr | 2008-07-17 23:58 | ステロイド
質問をしてくれた皆様へ

重症の患者さんを抱えて本職が著しく多忙となり、なかなか満足に質問に対する回答を作成する時間がありません。
今後の新規のご相談受付はしばらくお休みしたいと思います。

今後このブログを閉鎖するか、質問に対する回答は有償のサービスとして継続するか、しばらく考えてみたいと思います。

皆様、どうぞお大事に。

web皮膚科セカンドオピニオン相談所 所長より
[PR]
# by skindr | 2008-05-11 22:48 | 相談はここから

手が痒くて大変ですね。
真菌の検査が陰性であることも加えて、症状からはやはり手の湿疹が考えられます。

手の湿疹には接触皮膚炎をはじめとして多くの原因が考えられます。
しかし、いずれにしろ痒みが強いのであれば、ステロイド剤の外用や抗アレルギー剤の内服により症状をコントロールするべきだと思います。

病気が根治できるかは解りませんが、地道に薬を塗ることで症状が抑えられ、生活の質も改善することも多いと思います。主治医と協力して頑張ってみてください。

More
[PR]
# by skindr | 2008-04-14 23:33 | 相談のお返事
Excite エキサイト : 社会ニュース

これだけ高度な医療が日常的に可能な日本です。
70歳の老人の頭のCTをルーチンに撮れる国は他にはありません。
今は人も、設備も残っています。

しかし、「医療費」という燃料が足りずに動かなくなりつつあります。
さらに、働いている人たちを邪魔する「業務上過失致死」法というおかしな刑法がついています。

真っ当な医療をしても結果が悪ければ逮捕され「犯罪者」とされる現実を見せられてしまいました。結果として、医者は働くだけばかばかしいと思うようになりました。

福島県の産婦人科医逮捕の事例では、「臍帯」の読み方も解らない片岡康夫検事が、専門家の産科の先生を法廷で尋問する事態となりました。審議の内容を読めば、医師である誰もが到底耐えられないと感じる「侮辱」の羅列でした。まさに理由無き「リンチ」です。

最近では飛行機の管制官が刑事責任を追及されています。医師も管制官も、患者や乗客をわざと危険に陥れたいわけではないでしょう。しかし、判断間違いや勘違いは人間にはつきものです。それが結果として重大な事態になる場合、その過失を「犯罪」と捕らえていては責任のある仕事に就くことができなくなります。また、なぜその過失が生じたか、誰も語らなくなり、原因を追求することができなくなるのです。

業務上過失致死、このおかしな「過失」と「犯罪」を混同する刑法が修正されない限り、医療でも製造業でもこの国は滅びていくでしょう。

同じような考えは多くの理系技術者が持っていると思われます。
[PR]
# by skindr | 2008-04-14 21:27 | 医療政策
nicoさんへ

あなたの年齢性別が解りませんが、かさぶたがたくさんあるのであれば急性苔癬状痘瘡状粃糠疹(PLEVA)を疑っておかしくないですね。PLEVAという病気は現在少し幅を持って解釈されていますが、その多くはジベルバラ色粃糠疹PRと同列の病気で症状が強いものと解釈していいと思います。原因は不明です。PLEVAのほんの一部は、リンパ腫様丘疹症と言われるリンパ系の病気と重なる場合がありますが、これはまれであまり心配ないと思います。

ただし、PLEVAが1年前から前兆として発熱を繰り返すと言うことはあまりないので、熱は別に考えて、続くようであれば、熱が出たときにきちんと病気を調べた方がいいかもしれません。PLEVAの多くは一過性ですが、一部はだらだらと病変が慢性に続くことがあります。治療は一般的に光線治療が有効ですが、やはり対症療法なので症状が続く場合は治療も継続していくことになります。

以上、慢性に経過しているとすればやや難治な病気ですが、主治医の先生と相談して今後の治療の計画を立ててもらってください。
[PR]
# by skindr | 2008-04-13 22:00 | 相談のお返事

林正さんへ

お話からすると湿疹のようですね。
原因は分かりませんが、まずはきちんと炎症を取る治療が必要そうですね。

さて、中央区でよい皮膚科、とのことですが、お話の症状からするといきなり大学病院などで長時間待たなくても、初診は開業の先生でもよいような印象です。ただし、開業医の先生の腕の善し悪しまではなかなかわかりません。
日本皮膚科学会はその専門医のリストを公表しております。
また専門医はクリニックの看板に「日本皮膚科学会認定皮膚科専門医」と書いて良いことになっております。

お近くに皮膚科があれば、それが学会認定の専門医か調べて受診してみてはいかがでしょうか。

More
[PR]
# by skindr | 2008-04-13 21:54 | 相談のお返事

ちひろさんへ、

ちひろさんへ

本来はここは皮膚科を受診している人のセカンドオピニオンを相談する場所ですが、海外にいる方はどうしようもないので、少し診断を考えてみましょう。

あなたの年齢、性別、を教えてください。また脇というのは脇の下、脇毛が生えるところですか、それとも胸やおなかの横側(脇腹)でしょうか。埋もれ毛というのはニキビ(面包あるいはコメド)みたいなものでしょうか。それはいつ頃からできているものでしょうか。新しくできた1.5cmの赤紫色のものの表面は普通の皮膚でしょうか、それともぬるぬるしたような普通の皮膚でない、周りとはくっきりと境目があるできものでしょうか?また皮膚からなだらかに盛り上がっているのか、それとも石を置いたように皮膚との間にくびれがあるものでしょうか。また出血したりすることはありますか。
解る範囲でできるだけ詳しく教えてください。また、可能ならばどちらの国かを教えてください。
返事はこの記事のコメント欄にお願いします。

More
[PR]
# by skindr | 2008-04-10 22:18 | 相談のお返事

tuddyさんへ、接触皮膚炎

tuddyさんへ

お話からすると、接触皮膚炎が一番考えられますね。
化粧品でも何でも、皮膚に塗るものはすべてかぶれる可能性があります。
しかし、まずはきちんと皮膚科を受診して治療を受けてください。
一度起きてしまった皮膚炎は、原因となる刺激が無くなっても簡単に改善しませんよ。
また、皮膚科によっては、原因と思われるもののパッチテストを行ってくれるかもしれませんよ。

もしも結果が分かったらまた教えていただければ幸いです。

More
[PR]
# by skindr | 2008-04-10 09:45 | 相談のお返事