ベテランになりつつある皮膚科医がみた世界。世の皮膚病の患者さんの役に立てれば幸です。08年5月より多忙のためしばらく相談に対する回答をお休みします。


by SkinDr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ののさんへ

ののさんへ
一週間くらいで治ったとのことですね。
残念ながら、この相談所では見ていない病気を診断することはできません。
まずは、皮膚科を受診して、診察を受けてください。
それでもうまくいかない方のために相談を受け付けております。
[PR]
# by skindr | 2008-04-09 18:47 | 相談のお返事
山本さんへ
ご主人の年齢、性別が解りませんが、仕事をしているということは少なくとも高齢では無いのですよね。というのはある程度高齢の方に出てくる水疱性類天疱瘡という病気も手足に限って出る人もいるので、鑑別が必要かと思いまして。

まずは診断を性格につける必要があるので、病理検査などができる病院を紹介してもらう手はあると思います。ただし、検査しなくとも手のかぶれ(接触皮膚炎)が一番考えられる、という場合は必要ないかもしれません。原因が不明であれば治療は今のようにステロイドの塗り薬が中心になるでしょう。接触皮膚炎の原因を探すのはかなり大変な作業です。三重県の近くであれば、一番いいのは恐らく名古屋大学の環境皮膚科学ではないかと思います。ただし、一度行けばOKというのではないので、原因検索のパッチテストなど通院検査、治療を要するとは思います。

日常生活の中で、これをしたら悪くなる、ということをよくよく気をつけておくと、それをテストすることで早く原因にたどり着けるかもしれません。参考にしてください。
[PR]
# by skindr | 2008-04-09 12:33 | 相談のお返事
りょうさんへ
あなたの年齢や性別、背景に病期があるかなどがわかりませんが、お話からすると慢性膿皮症という病期ではないかと思います。その他に可能性は低いと思いますが、粉瘤の多発(ときどき消化管にポリープが多発する病気を伴うことがあります)、壊疽性膿皮症、ベーチェット病などの病気も考えられます。

慢性膿皮症は、皮膚のやや深い部分に原因不明の炎症が起きて、組織が融解してしまう現象がたくさん出るものです。主におしりや脇の下にでますが、人によってはあちこちに出ます。これは一概に感染症とは言えず、必ずしも菌がいるわけではありません。治療としては、切開排膿、抗菌剤、場合によってはステロイド剤の内服や外用を行い、炎症をコントロールします。この病気になるからといって免疫が弱いとか、肺炎になりやすい、などの傾向はありません。従って、これは皮膚独特の炎症の問題と考えられています。原因不明の炎症を繰り返すベーチェット病などとの異同はまだ明らかになっていません。

おしりなどで広範囲にこの病気が起きるときは、皮膚を脂肪くらいまで取って薄い皮膚を植皮するような手術を行う場合もあります。いずれにせよ、現在のところ症状に応じた治療をせざるを得ない、というのが現状ですので、つらいときもあると思いますが、いい先生を見つけて継続治療を受けてください。

***********************

この3年間、徐々に臀部粉瘤から全身不特定に粉瘤のようなものができます。外科等では、糖尿病とか何かないの?といわれる状況で、この1年間は継続して毛穴が産んでは抗生剤(セフェム系)を5日間服用。寛解を繰り返しています。ほうかしきえんにまでなり皮膚を十字切開したのも何回もあり、なぜこのようなことになったのか悩んでおります、なにかご指導いただけたらと思います
[PR]
# by skindr | 2008-04-04 08:25 | 相談のお返事

医療崩壊、ついに中枢へ

Excite エキサイト : 社会ニュース

ついに医療崩壊は国の中枢へ及んできました。
5人の麻酔科医という片肺飛行では、しわ寄せがきて、残りの麻酔科医も辞めるのは時間の問題でしょう。どこにでも起きている問題です。

この病院は日本の癌医療のリーダー的な存在で、日本中の多くの大学や病院から若手が「国内留学」をして腕を磨いています。研修中はどの診療科の医師も、放射線科を回って読影をし、外科手術に入り、全身麻酔をかけて、末期患者の疼痛コントロールについて学び、「過酷」と呼ぶにふさわしい努力をしています。そして、その給料はというと、驚くほど安いのです。彼らは時間外も付かず365日、24時間、家族も顧みずに働いています。

しかし、それは病院としてはどうでしょうか。待遇も悪く長時間労働のスタッフは疲弊していたのではないでしょうか。若い医師はどれだけ働いても時間外もない。スタッフの善意と自尊心の塊だけで運営されるのが当然とされる組織に責任は追及できないでしょう。国はそれをいいことにずっと国立病院の待遇を放置してきました。

奴隷のように働いてきた医師たちが、善意や自尊心を粉々に砕く裁判やクレームを横目で見て、はたと我に返って、「こんなに頑張る必要なんて無いじゃないか」と気づいてしまったことが医療崩壊の始まりなのです。

良い組織、良い病院には伝統があり、そこに加わると普通の人でも感化されてよい人になって帰ってきます。この病院にはそのすばらしい伝統があります。しかし、国が今の医療費削減という方針を貫き、そして医療事故調を医師への懲罰組織として運営しようとする限りは、その伝統を持つ数少ない病院も消滅していくのでしょう。

良い病院が無くなっても、国は医療費が浮いて助かるだけ、困るのは、受診できなくなる一般市民でしかない、、、、というのが国の認識のようです。

癌になったら、せっせと保険料払って保険証持っていても治療してくれる病院がない、、、ということにならないように皆様の参政権をお使いください。

More
[PR]
# by skindr | 2008-04-04 00:16 | 医療政策
Excite エキサイト : 政治ニュース

道路特定財源で生きている特殊法人が一番影響するのじゃまいか?
もちろん、彼らも国民なわけだが、、、。
[PR]
# by skindr | 2008-03-29 21:11 | その他
きてぃさんへ

おっしゃるとおりナイロンタオルは使用しない方がよいでしょう。少なくとも、ナイロンタオルで皮膚をごしごしこすることは、石けんやシャワーなどが普及した現代の生活において、百害あって一利なしです。石けんを使用するのであれば、体をこする必要は無いと言っていいでしょう。特に肌が乾燥している人にはよくありません。

使うとすれば、綿の方が皮膚にはずっと負担が少ないと思います。それでも優しく撫でる程度で十分でしょう。

もしもナイロンタオルを使うとすれば、ナイロンタオルでしっかりと石けんや液体石けんを泡立てて、泡で体を撫でるだようにしましょう。ナイロンタオルは泡立てには便利ですし、最近は泡立て専用のナイロンタオルもあります。しっかり泡を立てたら、手で洗う、というくらいで十分でしょう。

匿名の医者の意見が相手にされるかわかりませんが(笑)、参考にしてください。

More
[PR]
# by skindr | 2008-03-29 00:15 | 相談のお返事
礼子さんへ

メラノーマという大変な病気でご心配ですね。もしも取ったところがメラノーマで間違いないのでしたら、その治療は現在では日本皮膚科学会の取り扱い規約というのが決まっていて、多くの施設でほぼそれに沿って治療をしていると思います。腫瘍の深さ(顕微鏡の検査で決まります)と転移の有無で病気の広がり(病期)が決まり、その病期に応じた治療が選ばれます。それに沿った説明をされているのだと思います。
腫瘍の治療は命に関わることで、約束事を守って行うことが大事です。比較的大きく切除するのはやむを得ないと思います。皮膚を切除しても、いろいろな方法で再建することができます(もちろん、元通りには戻らないでしょうけど)。また、きちんと治療を受けて、再発や転移がなければ、後に形成外科的に修正するような方法もあるかもしれません。そのあたりをよく主治医の先生とお話ししてみてはいかがでしょうか。
私のアドバイスは、メラノーマに関しては治療の点では妥協しない方がよい、という意見です。

More
[PR]
# by skindr | 2008-03-29 00:10 | 相談のお返事

ばんちゃんさんへ

ばんちゃんさんへ、

最初のお子さんでしょうか?あまり悩まないでくださいね。赤ちゃん(乳児)で湿疹があるのは珍しいことではありません。私はお母さんたちに「これは一種の職業病ですから、」と説明しています。

赤ちゃんの湿疹の一部はアトピー性皮膚炎として続いていく場合もありますが、多くの赤ちゃんの湿疹はそのうち治っていくものです。

薬について言えば、使い方を間違えれば大きな害がでるのはどんな薬も同じです。それを上手に使うのが専門職である医師の仕事です。皮膚科の専門医が、ちゃんと診察をして、炎症の程度に応じて、病気の場所に応じて処方するステロイドは決して怖くありません。きちんと再診をして、症状に応じた処方をしてもらうことが一番大事なことだと私は思います。赤ちゃんだからテクスメテンが使えないなんてことは全くありませんよ。

石けんを使うのが1日1回か二日に1回か、迷うくらいなら医師の指示通りではいいのではないでしょうか。医師は専門家であり、実際に息子さんを診てお話をしています。あなたが集める情報はどこにも書いてある一般論です。どちらが有益な情報である可能性が高いか、あまり悩まずとも解りそうではないですか?

More
[PR]
# by skindr | 2008-03-29 00:06 | 相談のお返事

確率

Excite エキサイト : 政治ニュース

開票率1%で、しかもトップの半分も得票していない候補に対してNHKが「当選確実」と出すのはよほど統計と確率に自信があるからなのでしょう。知事選のように数が大きくなる場合は、大数の法則でこのような「速報」が可能なのでしょう。

医療で言えば、今流行のevidence based medicine (EBM)=根拠に基づく診療、ですね。大規模な臨床試験の結果は誤っていることが少ないといえます。しかし、大規模な試験でAよりBが良い、とでてもその差がわずかに5%くらいならば、大して変わらないじゃん、というのも事実ですが。
[PR]
# by skindr | 2008-03-23 21:45 | その他
京子さんへ

リンパ節の腫脹ということ、いろいろ気になりますよね。診察をしていないので責任のあることは言えませんが、一般論を少し述べましょう。

まず、8mm大のリンパ節というのは必ずしも「腫大」とは言えないでしょう。病気のない人でも探せば長径8mm程度のリンパ節があってもおかしくはありません。色素を含んでいるのも必ずしも病的ではありません。過去に皮膚炎や外傷があったあとであれば不思議ではありませんし、リンパ節に運ばれるようなメラニン色素は巨大分子で組織球というお掃除細胞に取り込まれても分解消化されるのには長い長い時間がかかります。

生検まで受けているのであれば、正確な診断もおそらく出ているのでしょう。癌の転移などは否定されているわけですよね。ずっと変化がないのは、それが腫大ではなく正常な大きさであるからだ、という可能性も十分にあります。

まとめると、単発の8mmのリンパ節で長い期間変化が無く、生検でも悪性所見など出ていないのであれば、少なくとも現時点で何かを心配する要素はきわめて少ないのではないか、というのが私の印象です。不安があるようでしたら、リンパ節生検を受けた施設の先生とよく相談してみましょう。

アドバイスですが、医学に100%はありません。そしてすべての所見を説明することができるわけでもありません。そんな医学の中で大事なのは、検査の個別の所見を小さく小さく見ていくことではなく、患者さん全体を見る大局観だと思うのです。おかしな病気が続いていれば、どこかのバランスが崩れて症状や検査値異常に現れてくるものです。(そのために経過を観察するというとても大事な医学的な方法があるわけです。)

またどれだけ検査をしても医者が「絶対に大丈夫です」と言うことは絶対にありません。だけど、とても起こりにくいこと、というのはやはりとても起こりにくいわけです。そのようなことを心配していても解決する方法が無い限りは意味が無いのです。病院でおそらく大丈夫と言われたのでしたら、若い時代を悩みに使わず楽しんでください。

******************

はじめまして、24歳女性です。
先週、昨年夏に気付いた左脇下の8mm大のリンパ節を生検してもらいました。さほど大きくはないのですが無痛・可動性の硬めのしこりが消失しないため病理検査となりました。
結果は、悪性所見はなく、メラニン色素を含んだリンパ球?といったものが多くみられたそうで、皮膚疾患からくるリンパ節腫大だろうとなりました。で皮膚科を受診しましたが、特にリンパ節腫大の原因となるようなところはないといわれました。
ここで質問なのですが、リンパ節が腫大し、メラニン色素を含んだリンパ球がみられる場合、どのような原因が考えられますか?
私はもともと右ひじと頭皮・耳にアトピーがありましたが、症状は20歳を超えてからは軽く右ひじに残るくらいでした。
あと、生検をする3週間ほど前から10日間ほど、左胸上に1円玉大の薄黄~茶色の内出血(鍼灸院で鍼治療を受けた際できた)がありました。これはリンパ球のメラニン色素と関係あるでしょうか?リンパ節自体は昨年夏以前からの腫大なのですが・・・。
また、過去の皮膚疾患で腫大した脇下のリンパ節が、そのまま何年もずっと残存するということはありますか?
回答よろしくお願いいたします。
[PR]
# by skindr | 2008-03-21 01:05 | 相談のお返事