ベテランになりつつある皮膚科医がみた世界。世の皮膚病の患者さんの役に立てれば幸です。08年5月より多忙のためしばらく相談に対する回答をお休みします。


by SkinDr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:悪性黒色腫 ( 2 ) タグの人気記事

しずかさんへ

しずかさんへ

診断者の判断について私がいろいろ述べるには当たりませんが、侵襲的な検査をする基準に満たないと考えたからでしょう。あなたが診療を受けるその病院にはメラノーマの専門の先生がいるとのことですので、そこでしっかり説明を受けて下さい。大事なのは診断の過程がうんぬんではなく、今後の方針と思います。今後の方針について信頼できないようだったら、第2の意見を聞いてもいいかもしれません。

診断については、病気には診断の基準というものがあります。例えば高熱が5日以上続く、という基準の場合、3日目にその病気を疑って治療を開始したとします。もしも当たっていれば、早く治療を開始して「名医」と言われるかもしれませんが、もしもその病気でなかった場合は「独断専行」となるわけです。「結果的に」その病気であるかどうかは確率的な問題なので、何とも言えません。医師も含めて誰も最初から答えは知らないのですから。4mmのほくろを全て切除したらどうなるでしょうか。その中には万に一つメラノーマが含まれるかもしれませんが、殆どは普通のほくろでしょう。そのような「確率」を考慮して診断の目安は作られています。

なお、ひとつ大事なことですが、メラノーマを部分的に切ると「転移する」と言われているのには主に日本だけで、科学的な根拠はありません。欧米では大きなものはやはり生検しています。少なくとも検査後2週間以内にきちんと全部切除されているのであれば、予後とは関係ないと思います。

私からのアドバイスはステージ1の1で見つかったことをよしと考えることが大切ということです。大事なのはこれからです。メラノーマの専門の先生とよく相談して、今後のフォローの注意に向けて前向きに頑張って下さい。

一つだけ言えば、よく日本の医療裁判では後から振り返ってレントゲンなどを見ると腫瘍が映っているから過失、とする判決が出ますがこれは医学の確率的常識を無視した人間の「誤審」であることを認識しておいて下さい。
[PR]
by skindr | 2008-09-15 11:03 | 相談のお返事
礼子さんへ

メラノーマという大変な病気でご心配ですね。もしも取ったところがメラノーマで間違いないのでしたら、その治療は現在では日本皮膚科学会の取り扱い規約というのが決まっていて、多くの施設でほぼそれに沿って治療をしていると思います。腫瘍の深さ(顕微鏡の検査で決まります)と転移の有無で病気の広がり(病期)が決まり、その病期に応じた治療が選ばれます。それに沿った説明をされているのだと思います。
腫瘍の治療は命に関わることで、約束事を守って行うことが大事です。比較的大きく切除するのはやむを得ないと思います。皮膚を切除しても、いろいろな方法で再建することができます(もちろん、元通りには戻らないでしょうけど)。また、きちんと治療を受けて、再発や転移がなければ、後に形成外科的に修正するような方法もあるかもしれません。そのあたりをよく主治医の先生とお話ししてみてはいかがでしょうか。
私のアドバイスは、メラノーマに関しては治療の点では妥協しない方がよい、という意見です。

More
[PR]
by skindr | 2008-03-29 00:10 | 相談のお返事